top of page

一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

令和5年度「実機感覚を有する航空機開発人材養成講座」での基調講演/講義のご案内-「航空機開発の飛行試験におけるテストパイロットとフライトテストエンジニア」-

【狙い・目的】

中部航空宇宙産業技術センターでは、航空機開発の最終段階における飛行試験を中心とした座学と対応する実習、また、飛行試験結果が設計意図通りとならない場合の原因究明方法の習得を通して実機感覚を有する技術者の育成を目指し、「実機感覚を有する航空機開発人材養成講座」を例年開催しております。

最も重要なことは、フライトテストエンジニア(FTE)としての心構えをしっかりと初めに伝授することであると認識しており、そのため、本年度は、「航空機開発の飛行試験におけるテストパイロットとフライトテストエンジニア」と題した基調講演/講義を添付の通り開催いたします。


講師には、F-2の開発の際に、航空自衛隊飛行開発実験団のテストパイロットとして、飛行試験、開発に携わった三輪様をお招きし、F-2の開発時の貴重な経験と知見に基づき、FTEとしての心構え、飛行試験を担当する技術者の覚悟等を講演して頂き、講演終了後に、講演者との意見交換会(交流会)を予定しております。

三輪様は米空軍のテストパイロットスクールを卒業した優秀なテストパイロットであり、操縦にとどまらず、航空機開発全般についても多くの経験と見識を持つ方ですので、若い人に大きな感化を与えてくれるものと確信しております。



下記詳細をご確認いただき、設計者のみならず、一般の興味を持っている方々にも門戸を開いておりますので、是非ご参加をご検討ください。



【日時】 令和5年9月30日(土)  13:30 ~ 16:00

【場所】 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 11階 1109会議室

名古屋市中村区名駅4丁目4−38 ( https://www.winc-aichi.jp/access/

          TEL: 052-571-6131



【プログラム】

  □ 受付  13:00 ~


  □ 基調講演/講義 13:30 ~ 14:30

演目: 航空機開発の飛行試験におけるテストパイロットとフライトテストエンジニア

    ※ F-2開発時の貴重な経験と知見に基づき、FTEとしての心構え、飛行試験を担当

する技術者の覚悟等について紹介


株式会社シーアールイー

岐阜事務所 後方支援室 顧問技師

元 航空自衛隊 飛行開発実験団 テストパイロット

三輪 芳照氏

  □ 意見交換会(交流会) 14:30 ~ 16:00 

講演会と同じ会場で講演者を交えた意見交換会

飛行試験を担当したテストパイロットと直接、議論・意見交換できる非常に貴重な機会

ですので、有効に活用してください。

・三輪様は、飛行開発実験団OB会会長でもあり、テストパイロットの人脈は豊富です。


【対象者】 「航空機開発人材養成講義」の受講者、及び航空宇宙産業に従事しており、更に航空機開発関連試験評価技術の習得を目指す技術者、次期戦闘機や、将来の防衛省機、民間機の開発に係る若手設計者等(重工メーカー、装備品メーカー、アビオニクスメーカー)

         防衛省機の飛行試験に興味のある方、テストパイロットの方々と人脈構築を図りたい

         メーカー、及び官公庁(中経局、愛知県、名古屋市等)の方々


【定員】  30名

   ※基本的には先着順としますが、お申込み状況によっては、

1社当たりの参加人数等を調整させていただく場合があります

「航空機開発人材養成講義」の受講者は、必ず、参加出来ます。


【参加費】 無料


【申込み方法】   申込用紙 にご記入の上、下記E-mailアドレスまでご送付ください。


【参加募集期限】  令和5年9月21日(木)午後5時まで


【お申込み・お問合せ先】

一般社団法人 中部航空宇宙産業技術センター

担当: 産業振興部長 伊藤

FAX: (052)218-8528 TEL: (052)221-6681

   E-mail:ito.k@c-astec.jp



☆令和5年度_基調講演_申込用紙
.docx
Download DOCX • 25KB

Comments


過去の記事
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.

bottom of page