一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

IT導入補助金2022の公募開始のご案内

令和4年3月31日から、IT導入補助金2022の公募を開始いたしました。

詳細はホームページをご覧ください。

IT導入補助金2022事務局サイト:https://www.it-hojo.jp/


【事業内容】

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方

改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、

中小企業・小規模事業者等が取り組むIT導入を支援し、生産性向上を推進します。

現行の通常枠に加え、新たなデジタル化基盤導入枠を創設し、成長投資の加速化と

事業環境変化への対応を支援します。


<通常枠A・B類型>

中小企業等の労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDXに向けて行うITツー

ル(ソフトウェア、アプリ、サービス等)の導入を支援する補助金(導入サポート費用も対象)。


※補助額 A類型:30万円~150円万未満、B類型:150万円~450万円、補助率:1/2以内

※事前に事務局の審査を受け、補助金HPに公開(登録)されているITツール

(ソフトウェア、サービス等)が対象。

※相談対応等のサポート費用やクラウドサービス利用料(1年間分)等を含む。



<デジタル化基盤導入枠 デジタル化基盤導入類型>

中小・小規模事業者に、インボイス制度も見据えたデジタル化を一挙に推進するため、

会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に加え、

PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用を支援する。


※ITツール(会計ソフト、受発注システム、決済ソフト等) 

補助額 :~50万円(補助率:3/4)、50~350万円(補助率:2/3)

※PC、タブレット等補助上限:10万円(補助率:1/2)、レジ補助上限額:20万円(補助率:1/2)

※インボイス制度への対応も見据え、クラウド利用料を2年分まとめて補助するなど、

企業間取引のデジタル化を強力に推進。


<デジタル化基盤導入枠 複数社連携IT導入類型>

複数の中小・小規模事業者が連携してITツール及びハードウェアを導入することに

より、地域DXの実現や、生産性の向上を図る取組に対して、複数社へのITツールの導入を

支援するとともに、効果的に連携するためのコーディネート費や取組への助言を行う

外部専門家に係る謝金等を含めて支援する。


※基盤導入経費 

・ソフトウェア、オプション、役務

補助額:5万円~35万円

補助率:補助額5万円~50万円以下の場合は補助率3/4以内、50万超の場合、

そのうち50万円以下の金額については補助率3/4以内、

50万円超の場合は補助率2/3以内にて算出


・ハードウェア 

補助率は一律1/2以内 

補助上限額:PC・タブレット・スマートフォン・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器 10万円 、

レジ・券売機等 20万円

※消費動向等分析経費 

 補助額:50万円×参加事業者数、補助率:2/3以内、

補助対象:ソフトウェア購入費・クラウド利用費・導入関連費、ハードウェア購入費(AIカメラ等)

※補助事業グループのとりまとめに係る事務費補助率は一律2/3以内とし、

補助上限額は200万円とする。

補助額は、基盤導入経費と消費動向等分析経費の合計額に10%を乗じ、

補助率2/3を乗じた額か補助上限額のいずれか低い方


【公募期間】

<通常枠A,B> 公募開始 令和4年3月31日

    1次公募 令和4年5月16日締切

    2次公募 令和4年6月13日締切

<デジタル化基盤導入枠 デジタル化基盤導入類型> 公募開始 令和4年3月31日

    1次公募 令和4年4月20日締切

    2次公募 令和4年5月16日締切

    3次公募 令和4年5月30日締切

    4次公募 令和4年6月13日締切

<デジタル化基盤導入枠 複数社連携IT導入類型> 後日案内予定


【申請方法】

申請は、電子申請システムでのみ受け付けます。詳しくは、ホームページからご確認

ください。

IT導入補助金2022事務局サイト:https://www.it-hojo.jp/

過去の記事
タグ検索
最近のニュース・イベント
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.