top of page

一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

令和6年能登半島地震に関する緊急調査結果について

令和6年元旦に発生した「令和6年能登半島地震」により犠牲となられた方々に

心よりお悔み申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、(一社)中部航空宇宙産業技術センター(C-ASTEC)では、「令和6年能登半島地震」

による当センターの会員企業の被害状況を把握し、必要に応じて関係各方面に支援等を

要請するため、令和6年1月4日に緊急調査を実施し、別添のとおり調査結果を取りまとめました。

 

調査結果の概要としましたは、北陸地域に本社がある会員企業は2社を含め、数社の企業で

被害の報告がありましたが、幸いなことに北陸地域の会員企業におかれても人的被害はなく、

被害も限定的であり、最も被害があった企業におかれても一月以内に復旧とのことでした。

また、被害があったいずれの企業におかれても航空宇宙関連事業への被害はないとのことでした。

 

 なお、本調査は、当センター会員約100社(自治体、銀行、商社等の会員を除く)に対して

メールにて調査票を送付することで実施し、その結果28社からご回答をいただきました。

うち、被災地とされる北陸地域に本社がある会員企業は2社であり、いずれからもご回答を

いただいております。



✰調査結果 能登震災の緊急被害状況調査
.pdf
ダウンロード:PDF • 336KB

Comments


過去の記事
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.

bottom of page