top of page

一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

令和4年度「第2回 航空宇宙産業における開発経験者による知見の共有に向けた講演会」のご案内

中部航空宇宙産業技術センターは、このたび、あいち・なごやエアロスペースコンソーシアムと連携して、

航空宇宙産業に関わる経営者及び今後を担う若手技術者等を対象として、

「航空宇宙産業における開発経験者による知見の共有に向けた講演会」を開催いたします。


 「航空宇宙産業における開発経験者による知見の共有に向けた講演会」は、

航空宇宙産業に関する技術伝承には、知見共有が重要であると考え、

航空宇宙産業に携わる会員企業の皆様の人材育成・技術伝承に寄与する活動の一環として、

企画したものです。また、このような技術伝承に必要な知見共有に向けた講演会は、

今後も継続して開催することを予定しております。


第2回目となる今回は、航空宇宙産業関連企業の人材育成や技術伝承のための知見の共有を企図し、

ロケット及び人工衛星の開発経験者から、開発時の経験や課題について御講演いただきます。

また、講演終了後に、講演者との交流会を予定しております。


下記詳細をご確認いただき、是非ご参加をご検討ください。





【日時】 令和4年11月18日(金)  13:30 ~ 16:50

【場所】 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 18階 セミナールーム

名古屋市中村区名駅4丁目4−38 ( https://www.winc-aichi.jp/access/

          TEL: 052-571-6131


【プログラム】


  □ 受付  13:00 ~

※新型コロナウイルス感染予防のため、

会場での手指の消毒と検温へのご協力よろしくお願いいたします。

検温で37.5℃以上の発熱がある場合は、御入場を御遠慮いただきます。


  □ 講演会 13:30 ~ 15:25 □


講演1: 「日本の大型液体ロケット ~高信頼化への取り組み」

〔概要〕ロケットの特徴および工業製品化の難しさ、打上げ成功を支える

信頼性を高めるための取組を紹介するとともに、ロケットのとりまとめ企業の立場から

皆様に期待することをお伝えします。     

講師 三菱重工業株式会社 防衛・宇宙セグメント

フェローアドバイザー(元打上執行責任者)

二村 幸基 氏


講演2:「あそぼう 人工衛星で!」

〔概要〕宇宙開発は夢の話ではなくなりました。

人工衛星はこれからのビジネスと言われていますが、

原田精機で打ち上げて運用している人工衛星の経験・実績を交え

人工衛星ビジネスはどういうものかを、経営者、技術取りまとめ者及び設計者に向けて紹介する。     

講師 原田精機株式会社

       代表取締役  原田 浩利 氏


  □ 交流会 15:25 ~ 16:50 □

講演会と同じ会場で講演者を交えた意見交換会 (希望者のみ・参加費無料)

 ※新型コロナウイルス感染予防のため、飲食の提供は控えさせていただきます。


【対象者】 航空宇宙産業に関わる経営者及び今後を担う若手技術者等

【定員】  50名

 ※先着順

   ※なお、申込多数の場合は、下記の期限より早く募集を終了することがあります。

【参加費】 無料


【申込み方法】   申込用紙 にご記入の上、下記E-mailアドレスまでご送付ください。

【参加募集期限】  令和4年11月11日(金)


【主催】 (一社)中部航空宇宙産業技術センター

あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム


【お申込み・お問合せ先】

一般社団法人 中部航空宇宙産業技術センター

担当: 産業振興部 伊藤 、総務部 成田

FAX: (052)218-8528 TEL: (052)221-6681

   E-mail:event@c-astec.jp



☆☆ 航空宇宙産業関連企業のみなさまの御参加をお待ちしています。 ☆☆



第2回知見共有講演会申込書
.docx
Download DOCX • 23KB

Comments


過去の記事
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.

bottom of page