top of page

一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

ローマクラブ報告書「成長の限界」発刊50周年記念国際シンポジウム“Transforming Mobility for Humanity”

平素より大変お世話になっております。

 一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター(C-ASTEC)事務局 です。


本日は、運輸総合研究所(JTTRI)さまからのおしらせより、

「ローマクラブ報告書「成長の限界」発刊50周年記念

国際シンポジウム“Transforming Mobility for Humanity”」をご紹介します。


オンライン配信もあり、日英同時通訳とのことなので、

ご興味をお持ちの方は、下記詳細をご確認いただき、お申込みください。


△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△


ローマクラブ報告書「成長の限界」発刊50周年記念国際シンポジウム

“Transforming Mobility for Humanity”の開催について



拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。


このたび、1972年発表のローマクラブの第1次報告書「成長の限界」の

発表50周年を記念し、ローマクラブ日本とチュラロンコン大学の共同主催、

運輸総合研究所等共催により、以下のとおり、国際シンポジウム

“Transforming Mobility for Humanity”を開催することになりましたので、お知らせいたします。


チュラロンコン大学のサイト

に英語のプログラムとともに、

(日本語プログラムは、http://krs.bz/jterc/c?c=1571&m=57324&v=a486f80f 参照)

オンライン参加の事前登録リンクhttp://krs.bz/jterc/c?c=1572&m=57324&v=916b4e5c

が掲載されていますので、ご覧いただけると幸いです。

当研究所の宿利会長が開会挨拶を行いますとともに

(日本時間11:30~11:45)、

ラウンドテーブルI

“Mobility and Mortality Risk Challenges” において

(日本時間16:20~17:00)

当研究所アセアン・インド地域事務所(AIRO)の山下主任研究員・次長が

パネリストとして参加し、”Transport Safety in the ASEAN - India Region”と題する

プレゼンテーションを行いますので、よろしくお願いいたします。


敬 具 


【日時(日本時間)】

2022年12月14日(水)11:30~18:30


【会場】チュラロンコン大学およびオンライン(Zoom)配信 

   ※日英同時通訳 世界配信


【テーマ】“Transforming Mobility for Humanity”


【プログラム】



(参考)


○ローマクラブ(The Club of Rome)


スイスのヴィンタートゥールに本部を置く民間のシンクタンク。

資源・人口・軍備拡張・経済・環境破壊等の全地球的な

「人類の根源的大問題(The Problematique)」に対処するために1972年に設立。


ローマクラブ日本代表兼本部執行役員は

林良嗣氏(中部大学卓越教授、名古屋大学名誉教授)。


△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽



Comentarios


過去の記事
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.

bottom of page