一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター

【ご案内】METIジャーナル4月政策特集「ドローンのある日常、その先の未来」の掲載について

この度、経済産業省として、今後さらなる活用の広がりが期待される「ドローン」の

自治体や企業における利活用をより一層促進するために、

ドローンの「幅広い活用可能性・多様性」や、その「活用による効果」について、

モデル的にドローンを活用されている自治体や事業者の皆様にインタビューを行い、

4月のMETIジャーナル政策特集に全9本の記事を順次掲載をさせていただくこととなりました。


(METIジャーナル政策特集HP)

https://meti-journal.jp/p/15077/




4月9日掲載の第1回では、経済産業省ドローン産業の担当者3名より、

ドローン産業の全体像・利活用の拡大状況・ドローンの可能性・安全安心を形作る技

術の進展などについてお話をさせていただいております。


 4月12日掲載の第2回では、加賀市長の宮元陸さんに、自治体におけるドローンの利

活用の可能性と今後の展望についてお話を伺っております。

ドローン関係の事業者様、これからドローンの利活用を検討されている自治体の皆様

はもちろん、現時点ではドローンについて全く触れられていない方々にも、

自治体や企業における課題解決など、ドローンの活用可能性を広く知っていただける

記事となっておりますので、是非ご一読いただけますと幸いです。


■掲載内容 ※4月中に順次公開して参ります。


(第1回)産業利用の鼓動 ~空の世界で何が起きているのか(経産省担当者) 4月9日掲載済み


(第2回)市内全域の3Dマップがドローンの可能性を大きく広げる(加賀市 宮元市長)4月12日掲載済み


(第3,4回)午前中に予約した商品が午後には手元に―毎日飛行する空飛ぶ

デリバリーサービス(伊那市 白鳥市長、信州伊那宙 蟹澤代表)


(第5回)ドローン防災のパイオニアによる、ドローン活用術と組織づくり(焼津市 中野市長)


(第6回)人間が行なっている点検作業をドローンが代替できれば、

コストも時間も節約できる((株)JSR桝谷部長)


(第7回)ドローンによって、未来の社会はここまで変わる!((株)ACSL鷲谷社長)


(第8,9回)空に新たなインフラを。JALの新戦略『エアモビリティ』の未来像に迫る

(日本航空(株))




■本件に関する問合せ先


経済産業省 産業機械課 次世代空モビリティ政策室


 (空飛ぶクルマ、ドローン担当)伊藤、澤田、近藤


TEL:03-3501-1698(PHS:73571)


MAIL:seizo-uav@meti.go.jp<mailto:seizo-uav@meti.go.jp>



過去の記事
タグ検索
最近のニュース・イベント
フォローしてください
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright(c) 2018 C-ASTEC. All rights reserved.